▼歯科会

「口から見える格差と貧困」 10.30歯科医療の危機打開決起集会に参加しました。

 10月30日(日)、新宿のあいおい損保新宿ホールにて、「口から見える格差と貧困」 10.30歯科
医療の危機打開決起集会が行われました。また、それに先立って、新宿駅西口前にて「お金の心配がない『保険でよい歯科診療』の実現を求める」署名のお願いのための街頭宣伝を行いました。
DSC_0025
 街頭宣伝は120名の歯科医師、または事務局は参加。通行する市民に対して声をかけ、署名活動を行いました。署名は、民医連が巣鴨で同時に行った署名活動と合わせ、1040筆以上集めることができました。
DSC_0053
 決起集会は、参加者492名と大盛況の中開催された。基調報告は、保団連歯科代表の宇佐美宏氏に講演いただきました。宇佐美氏は、最近の子供の口腔崩壊の増加など、患者の経済的理由による治療中断・中止、特に歯科で増加していることを問題として提起しました。
 また、指導・監査について、保険医を萎縮させ、人権を侵害するような強圧的な指導・監査が起きていることを大きな問題とし、改善のために取り組むことが大切と声を挙げました。
当会からは、小山副会長、大国理事が参加。集会参加とともに、街頭での署名活動を行いました。

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

第18回 歯科の体験アイデア発表交流会の開催案内をアップいたしました。

 2011年11月20日(日)群馬大学医学部内 刀城会にて、
「歯科の体験アイデア発表交流会」を開催いたします。
詳細・参加申し込みは、以下のリンク先からお願い致します
http://gunma-hoken-i.com/news/2505.html  ← クリックしてください

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 医科向け ビスフォスフォネート薬剤関連 院内掲示用ポスターを作製しました。

 2011年1月、医科向け「ビスフォスフォネート薬剤関連 院内掲示用ポスター」を作成し、ホームページ上にアップしました。
http://gunma-hoken-i.com/dental/tidings     ← 歯科会だより (クリックしてください)

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 第17回歯科の体験アイデア発表交流会を開催!

 2010年10月31日(日)群馬大学医学部内 刀城会館で行われた
「歯科の体験アイデア発表交流会」の様子をアップしました。
http://gunma-hoken-i.com/dental/ac  ← クリックしてください

 

//////////////////////////////////////////////////////////////////////

 ビスフォスフォネート薬剤関連記事をまとめました。

平成21年3月、歯科に特有な副作用があるビスフォスフォネート系薬剤に対し、歯科医師として、また群馬協会の歯科会として、どのように向き合って行けば良いかを検討するために、群馬協会の歯科会の中に「BP委員会」を立ち上げました。

これまでの主な活動として、①協会紙への関連記事の連載、②関連講演会への参加(5回)、③院内掲示用ポスターの作成、④BP説明用紙の作成、⑤抜歯に際しての説明書の作成 を行ってきました。今回、記事・院内ポスター・BP説明用紙・抜歯説明用紙に関してご案内します。

http://gunma-hoken-i.com/dental/tidings  ←歯科会だより(クリック)

 

10月31日(日)第17回 歯科の体験アイデア発表交流会を開催します!

 10月31日(日)群馬大学医学部内 刀城会館にて「第17回歯科の体験アイデア発表交流会」を開催します。昨年は200名近い参加者があり、大盛況でした!!交流会は2部形式で構成され、前半は県内在住の歯科衛生士、および介護施設のスタッフの8人から日常業務内での体験発表、後半は昨年に引き続き、東京医科歯科大学より内山茂 臨床教授を再びお招きし、【長期経過症例から「炎症」と「力」のコントロールについて考える】と題し、ご講演いただきます。ぜひ、ご参加ください。
申し込みは、電話 027-220-1125 保険医協会事務局まで。
※定員になり次第、締め切らせていただきます。

第1部  体験アイデア発表   
  演題                         発表者               所属
①「当院のペリオメインテナンスシステム」    山本 あや         (青葉歯科医院)
②「iPadを歯科治療に応用する」          内海 可奈子       (利根歯科診療所)
③「高齢者健診における口腔機能検査の結果と考察」 堀 直子     (県歯科衛生士会)
④「経口移行した利用者の検討」         中島 洋巳        (サンビューぐんま)   
⑤「生活の場の口腔ケアとQOL向上」     清水礼男・深澤明史  (特別養護老人ホーム明風園)
⑤「健口」くんの使用経験          綿引直実・市川啓二   (デイサービスセンターたなぼ)

第2部  特別講演       
【長期経過症例から「炎症」と「力」のコントロールについて考える】
講師/内山 茂先生 (東京医科歯科大学 臨床教授)

———————————————————————————————————————————-

参加者多数!!第16回 歯科の体験アイデア発表交流会

 11月15日(日))群馬大学医学部内 刀城会館にて「第16回歯科の体験アイデア発表交流会」が開催されました。今年は200名近い参加者があり、大盛況!!歯科医院の経営環境は厳しさを増す一方ですが、この会を見ていると「ホッ」とします。交流会は2部形式で構成され、前半は県内歯科医院、および介護施設の5団体から日常業務内での体験発表がされ、後半は東京医科歯科大学より内山茂 臨床教授を招き「メインテナンス成功の秘訣!」~知ろう、学ぼう、力のコントロール~と題し、講演会を行いました。

第1部  体験アイデア発表   
  演題                               発表者              所属
①「臨床現場に出て」             糸井 綾香           (えんどう歯科)
②「歯肉マッサージの取り組み」       五嶋 可織  関口 亜由美 (小山歯科医院)
③「患者様との関わり」            藤井 知里           (あすなろ歯科)
④「摂食・嚥下障害患者への訪問歯科」  鳥屋 康子           (星澤歯科医院)   
⑤「生活施設での口腔ケアの工夫」    深沢 明史          (県高齢者介護総合センター)

第2部  特別講演       
メインテナンス成功の秘訣!~知ろう、学ぼう、力のコントロール~
講師/内山 茂先生 (東京医科歯科大学 臨床教授)                                                                                                                            

発表を行っていただいた方々、および内山先生

itoisan-hp.jpg          koyamasika-hp.jpg          asunarosan-hp.jpg

     糸井さん             五嶋さん・関口さん        藤井さん 

toriyasan-hp.jpg          hukazawasan-hp.jpg          drutiyamas-hp.jpg

   鳥屋さん             深沢さん              内山先生

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

■ 指導医療官の講演が実現  第179回 定例研究会 

  「歯科医療行政の問題」講師/四家 秀雄指導医療官

 10月1日、ウェルシティ前橋にて厚生局群馬事務所 四家秀雄指導医療官による「歯科医療行政の問題」講習会を開催した。参加者は県外からの参加者も含め60人。保険医協会主催による指導医療官の講習会開催は珍しく、注目されていた。
 講演は前半80分を行政指導、審査会、保険点数の解釈、院内安全管理、レセプトオンライン請求についての説明、後半40分は質疑応答時間にあてた。行政指導については、会場から「高点数だからと機械的に指導対象を抽出するのは問題で、この方法だと、患者を思っての診療が行えず、萎縮診療につながる」と切実な訴えも。
 これらの質問に対し、四家医療官は丁寧な回答をしたが、「指導は書類を通し判断を行うため、〈間違い・うっかり・不勉強〉は通用しない。レセプト提出の際は診療所のオーナーとして、自分の目で点検・確認をしっかり行ってほしい」と強調した。
 レセプトオンライン化に関しては、公平な指導を実施する上でもオンライン化は重要との見解を示した。
 講習会の終了後、回収したアンケートでは32人のうち30人が「満足、やや満足」と答え、今後希望する研究会テーマにも、技官や行政側の講師による保険請求に関する勉強会を挙げた人が多かった。「紳士的な指導医療官に好感をもった。歯科医療改善のために協力体制を作りたい」とのコメントも。協会研究部では今後も診療所経営に直結する講習会を開催したいと考えている。

 yotuya-hp.jpg          1001kaijyo-hp.jpg    

   四家指導医療官          会場風景

//////////////////////////////////////////////////

■興味深かった第177回定例研究会
「スーパーボンド実習付き説明会」

4月2日、県生涯学習センターにて「スーパーボンド実習付き説明会」と題し研究会を開催しました。
参加者は歯科医師と歯科衛生士を合わせた32人。講師にはサンメディカル(株)様をお招きしました。
 サンメディカル様は理想的な使用法を、スーパーボンドを使用し接着した症例のスライドを
示しながら約1時間解説。その後、実際に製品を手に取り筆積みと混和法の実習を行いました。
 参加者からは「使用時、保管時の温度管理を勘違いしており、目からウロコだ」との感想も。
終了後のアンケートには「今回の説明会の続きを開催してほしい」、
「製品の説明会は現場で役に立つので、今後も説明会をやってほしい」などの声があげられました。

dsc_sb2.jpg   dsc_sb1.jpg

  全体風景             実習の様子    

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
■熱気に包まれた第174回定例研究会
「歯科エックス線画像と個人識別」~身元確認を支援する新たな情報システム~

2月19日、県生涯学習センターにて「歯科エックス線画像と個人識別」~身元確認を支援する新たな
情報システム~と題し、定例研究会を開催しました。参加者数は警察関係者、医師、歯科医師を
中心とする102人。過去の研究会の中でも最大級の参加者数となり、会場は熱気に包まれました。
講師は小菅栄子先生(群馬県検視警察医 篠原歯科医院勤務)、青木孝文先生(東北大学 情報
科学研究科教授)。小菅先生は検視警察医の立場から身元確認において、歯科エックス線画像の
自動照合による個人識別の可能性、システムの社会的意義・将来展望を訴え、青木先生は
エックス線画像の自動照合を可能にした「位相限定相関法」について実例を交え紹介しました。

0219-3h.jpg   0219-2h.jpg       0219-1h.jpg

   小菅先生             青木先生           会場の様子

////////////////////////////////////////////////////////////////
■第15回 歯科の体験アイデア発表交流会開催!!

11月9日、第15回歯科の体験アイデア発表交流会が群馬メディカルセンターにて開催されました。
参加者は110人。歯科医師、歯科衛生士のみならず、医師、看護師、介護職員、学生など多方面から参加者が集まり、盛会となりました。

発表演題は以下のとおりです。

①パペットセラピーの歯科治療への可能性
  江川久美子 (日本パペットセラピー学会)

②小児(未就学児)への導入法
  阿部ゆきみ 中島三津岐 村上綾香 浦野千尋 (土屋歯科診療所)

③歯科矯正を試み、その予後
  茂木恵 (田中歯科医院)

④本校の歯科保健教育の取り組み
  青柳千春 小山晃 小林祥 (群馬大学教育学部付属小学校)

⑤デイサービスにおける口腔評価
  乙川いずみ 後閑佐知子 (デイサービスたなぼ)

⑥認知症の状態に沿った口腔ケア
  野口まゆみ (群馬県立高齢者介護総合センター)

6グループ発表後の第2部では、松本歯科大学 王宝禮教授(薬理学講座)を
お招きし、「お薬、サプリメントの新しい知識」と題して
特別講演を開催。時折、ユーモアを混ぜながら口腔に対する薬物療法、
有効なサプリメントについてわかりやすくお話しして頂きました。

1109taikenzenntai.JPG          1109taikenousensei.JPG    

  会場風景            王宝禮 先生

///////////////////////////////////////////////////////////////

   ■「在宅歯科医療」講習会その② 開催されました

9月に行われた「訪問歯科医療」講習会の第2弾が、10月2日(木)県生涯学習センターにて
開催されました。今回の第2弾は、4月改定に伴う訪問歯科診療における請求の変更点、
医療保険と介護保険の給付調整など、具体的な保険請求に関しての講習。
参加者28名が熱心に学習しました。

 講師は、在宅医療・介護保険の諸制度に精通された、
埼玉県保険医協会副理事長・金子歯科診療所院長/さいたま市の金子久章先生。

講演内容は以下のとおりです。

【講演内容】
(前半) 「これから“在宅”を取り組む先生のために」
(後半) 「在宅歯科診療の保険の請求の方法と変更点」
【講師】 金子 久章先生  
              (金子歯科診療所院長/さいたま市)
     (埼玉県保険医協会 副理事長)

kaneko-sensei01.jpg                    102zenntai111.jpg    

  金子先生                 会場風景
////////////////////////////////////////////////////////////////////

■訪問歯科医療/講習会を開催  ―在宅療養支援歯科診療所の施設基準対応― 
今年4月の歯科診療報酬改定で「在宅療養支援歯科診療所」の施設基準が新設されました。
群馬県保険医協会では会員の要望に応え、下記の通り訪問歯科診療の講習会を開催。
訪問診療を行ううえで重要となる高齢者の心身の特性、緊急時の対応、口腔機能の管理について
詳しく学習しました。
■日 時/08年9月4日(木)午後7時~9時半
■場 所/群馬県生涯学習センター3F視聴覚室

 第1部
  「高齢者の心身の特性」  山川 治先生
                  前橋赤十字病院歯科  
                  摂食・嚥下・胃瘻外来 非常勤歯科医師
 第2部
  「偶発症、緊急時の対応」 石原宏一先生
                 日本口腔外科学会会員
                  日本歯科麻酔学会会員 AHA-ACLSプロバイダー
 第3部
 「高齢者の口腔機能の管理のあり方」
    ―管理計画立案の実際―  山川 治先生
                    前橋赤十字病院歯科 摂食・嚥下・胃瘻外来 非常勤歯科医師

         yamakawasensei.JPG    isiharasensei.JPG            dsc_0022.JPG

      山川先生                石原先生          会場風景

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
『歯周病と全身疾患との関係』
2月28日第168回定例研究会 松本歯科大学 王宝禮教授が講演
           ouhourei.jpg
協会研究部では2月28日、医科歯科一体のテーマとして歯周病と全身疾患との関係
と題し講演会を行った。
「歯周病と全身疾患の関係は深く、歯周病菌が作るバイオフィルムが治療の鍵となる。
このバイオフィルムを抗菌剤を使って内科的に除去することが重要である」…月刊保団連の
〈診療研究〉に昨年11月から3回にわたって「口腔内科の時代」を連載した松本歯科大学
教授 王宝禮先生が講演。
 王先生は日本薬理学会、日本歯科薬物療法学会、日本歯科基礎医学会評議員で、
東洋医学にも造詣が深い。研究会では、口腔を一つの臓器ととらえる「口腔内科」的発想が
必要だとし、歯周病と全身疾患の関係、抗菌剤の経口投与による歯周病治療等について
約二時間にわたり講演した。歯科医師、医師、歯科衛生士、栄養士ら五十五人が参加。
会場は県生涯学習センター。ファイザー株式会社共催。  *当サイト「診察室」にも参照

//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

—————————————————
■保団連の歯科疾患管理計画書
  初回用 定価500円(会員価格300円)
pdfmark.gif歯管初回用

  継続用 定価500円(会員価格300円)
pdfmark.gif歯管継続用

 新製有床義歯管理用 定価500円(会員価格300円)
pdfmark.gif新製有床義歯管理用
       ■希望者は協会事務局までお申し込み下さい。TEL027-220-1125
—————————————————
■3/23 < 歯科>新点数検討会 の報告   
sikazentaiw.jpg
                 亀山 正
 3月23日(日)県生涯学習センターにて群馬県保険医協会新点数検討会(歯科)が行われた。年度末の忙しい中にもかかわらず114医院、180人と例年を上回る参加人数であった。盛況の中、各項目について新点数が検討された。
このような点数検討会自体が盛況ということは医療経済が上手に機能していない現われでもある。本来医療は点数、報酬など考えることなく、目の前の患者に最善の医療を施すことに全神経を集中すべきであり、点数を計算しながら医療を行うことなどは患者に対して失礼きわまりない。
 しかしながら、現在の保険制度では、各処置に点数が振り当てられ全医療費の総枠が決められた中での配分のため、医療を存続する上で欠かせないことが保険請求に関する勉強である。まったくもって嘆かわしい限りではあるが、日本の社会システムがそうなっているのだから仕方がない。
 そんな中、行われた点数検討会であるが、今回の改定も不可思議極まりない。二年前に改定時に変更された項目が再び元に戻ったり、新たに歯科疾患管理料が従来の歯周疾患総合指導料、歯周疾患指導管理料等より統合された。さまざまな変更が従来通り改定直前に判明するのである。
 診療本体0.42%アップと言われているが果たして本当にプラスになるのであろうか。ふたを開けてみれば大きなマイナスになっているような気がしてならない。
保険医協会の点数検討会は、手前味噌だが評判がよい。それは保険医協会のスタンスが会員へ向いていて点数検討会においてもそのスタンスからか判りやすいと評判を得ていると思われる。
 今回も講師陣が三時間あまり改定のポイントを説明したが、参加者はメモを取るなどして熱心に聞き入った。
質問も多数よせられたが、開催時間や疑義解釈の関係上後日返答することになった。
点数検討会後も保険医協会へ質問が多く寄せられている。

■歯科医師会未入会の方へ
 例年行われていた社会保険庁の点数検討会がなくなった。厚生労働省のホームページをみて点数を検討してくれとのことである。ホームページを見ることができない医院環境や、見ても内容がわからない歯科医師等がいるとは思うが、その点については希望があれば郵送にて関係書類を送付するとのことである。
 本来保険医協会、歯科医師会などが点数の検討会を開く必要はなく、社会保険庁が直接開催し情報を伝達することが当然の義務と思われる。その義務が果たされないのであれば、今後も会員への情報提供が必要なため、保険医協会でも今回の改定の更なる変更事項や次回改定時の説明を含め、今後も正確かつ迅速な情報を提供できるよう体制を整えていきたいと思う。
—————————————————————-
■歯周病安定期治療サポーティブペリオドンタルセラピー(SPT)について 
koyama.jpg
            小山 敦
 中等度以上の歯周疾患治療の継続管理にSPTの算定が行えるようになった。生活習慣が影響する歯周治療では、病状安定には定期的な検査と処置による指導管理は、重要な役割であることが伺える。
中等度以上の歯周病とは、
Ⅰ 骨吸収が根の長さの三分の一以上
Ⅱ 歯周ポケットが四㎜以上
Ⅲ 根分岐部病変(軽度を含む)を有する
一連の歯周初期治療終了ならびに歯周外科治療を経て、歯周組織の状態が一時的に安定したことを確認し、歯周組織の状態を継続的に維持する歯周治療の流れの評価は、2006年改定より、縛りが緩和されたような印象を受けた。
SPTの算定は全国保険医団体連合会発行の「特集 歯科診療報酬 08年改定の要件と解説」の89ページに掲載されている「改定事例4 歯周病安定期治療(SPT)」を参照のこと。
 SPT算定では、一連の歯周治療において、歯周外科治療の有無で算定要件が異なり、歯周外科治療がない場合は、レセプト二枚あけ算定。歯周外科治療がある場合は毎月の算定が可能である。
 病状安定の評価としては、歯周検査は欠かせないものであり、SPT算定は検査料と歯科疾患管理料をあわせての算定可能となった。
 協会に寄せられるレセプト返戻の疑問を受け付けている「あれこれ相談」においても、歯周病の継続管理中の毎月検査は返戻対象であったが、今回の〇八改定においてSPTが新設され、協会の疑問質問が解消方向に向いたことと評価できる。

■文書提供緩和の落とし穴
 今回改定において、歯周疾患管理料や口腔衛生指導料などが歯科疾患管理料に統合された。これに伴い、算定ごと、毎回患者に提供していた文書提供が、3か月に一回の文書提供となり緩和された。しかし、文書提供がなくても算定できる歯科疾患管理料であるが、領収証を発行する義務があり、そこには指導料を算定したことが明示されるため、患者への指導をしっかりしないと後のトラブルを招く恐れがあるので留意されたい。
                    
————————————–
■歯周組織検査を前改定と比較する 
endou.jpg
                遠藤 毅
以前より当協会で取り上げてきた「一通りのPの処置後の歯周組織検査」について、前回と今回の改定の内容を踏まえて考えてみたい。
 一連の歯周治療が終了し月一度来院してもらい、実日数一日で処置、手術のない連月での基本検査の請求が問題になっていた。
 これには青本の「なお、二回目以降の歯周組織検査は、歯周基本治療等の効果、治療の成否、治療に対する反応等を把握し、治療の判断又は治療計画の修正及び歯周外科手術を実施した後に歯周組織の変化の比較検討等を目的として実施するものである」の解釈をめぐり保険者との間で議論になっていた。
 文章自体がどうともとれるものになっているため、はっきりと解釈は出来ないが、二回目以降の検査については治療等の成果を把握し、治療計画を修正するために行うような内容になっているのではないだろうか。
もちろん実際の臨床では検査のみ行われているはずもなく何らかの処置が行われている。しかし二回目のSC・SRP等が認めれていなかったためレセプト上にこれらの処置が反映されず、レセプト上ではあたかも検査のみ行われているようになっていた。
 診療側からすれば「きちんとやっていることなのになぜ」と思ってしまうのは仕方ないことだし、保険者側からすれば、これはレセプトのみで判断しなければならないので連月で続いていれば目立つし、これはいかがなものかと考えてしまうだろう。
 これはいかに前回の改定が診療側にも保険者側にも実態にそぐわない強引な改定であったかを物語っているのではないだろうか。
 では今回の改定ではどうだろうか。歯管やSPTなどの説明は割愛して歯周組織検査のみで考えてみたい(歯周病の診断と治療については日本歯科医学会2007年11月の歯科治療に係わる指針を参照)。
 今回新しく改定された歯周病の指針は現在の要望や実態に即した内容になっているだけあってかなり細かく分類されている。歯周組織検査についても段階に分けて1~4に分けて説明されており、どの段階でどの検査を行っていくか以前の物よりわかりやすくなっている。前回の改定と比べているのは「一通りのPの処置後の歯周組織検査」についてなので、今回のガイドラインの歯周組織検査3と4に相当するのではないだろうか。「歯周組織検査3とは基本治療が一通り終了した時に行う検査である。検査内容は歯周組織検査1と同じであり、最初の検査と比較検討する事により、基本治療の効果、治療の正否、治療に対する反応等を再評価する事ができる。さらに改善が不十分な部分を明確にする事により、次に行う治療の内容を検討し治療計画を変更する」「歯周組織検査4とは一連の基本診療や歯周外科治療等の治療が終了し、部分的再評価の結果を含めて口腔全体として歯周組織が改善したと考えられた時に行う歯周組織検査である。検査結果は歯周組織検査1、2、3の結果と比較し、治療による改善状態やさらなる処置の必要性を検討し、臨床的に健康を回復した治癒か、あるいは病状安定かを判断する。
 病状安定ではSPTへ以降する。さらに定期的な歯周組織検査と疾患管理と症例に応じた各種指導等を行う」とある。
 前回の二回目以降の歯周組織検査について云々は今回のガイドラインの2~4が包括されて書かれていたため、歯周組織検査の意味がはっきりしていなかったが、ステージごとに指針がはっきりしたため、どの段階でどの歯周組織検査を行っているかわかりやすくなったと思う。また二回目以降のSC・SRPが認められた事もあり、レセプト上にもどの段階で検査が上がっていくか把握しやすくなったのではないだろうか。