【重要なお知らせ】4月15日号・群馬県保険医新聞の新型コロナウイルスに関する社保情報について

【2020. 4月 15日】

4月15日号の群馬県保険医新聞の2面にて、「新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な扱い」について掲載しておりますが、厚労省の通知により、4月15日現在、掲載した内容から取扱いが変更となっておりますのでご注意ください。

◆電話再診による特定疾患療養管理料等の算定について

特定疾患療養管理料の「情報通信機器を用いた場合」100点・月1回

算定告示B000 の2に規定する「許可病床数が100 床未満の病院の場合」の147 点・月1回の算定に変更となりました(※診療所も算定可)

 

新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その10)【令和2年4月10日】より抜粋

「慢性疾患を有する定期受診患者に対して、電話や情報通信機器を用いた診療及び処方を行う場合について新型コロナウイルスの感染拡大を防止する観点から、慢性疾患を有する定期受診患者に対して、電話や情報通信機器を用いた診療及び処方を行う場合であって、電話や情報通信機器を用いた診療を行う以前より、対面診療において診療計画等に基づき療養上の管理を行い、「情報通信機器を用いた場合」が注に規定されている管理料等を算定していた患者に対して、電話や情報通信機器を用いた診療においても当該計画等に基づく管理を行う場合は、算定告示B000 の2に規定する「許可病床数が100 床未満の病院の場合」の147 点を月1回に限り算定できることとすること。」

上記厚労省による通知文書はこちら⇒新型コロナウイルス感染症に係る診療報酬上の臨時的な取扱いについて(その10)

 

*ご不明な点は群馬県保険医協会事務局

TEL 027-220-1125  FAX 027-220-1126 までお問合せください。